アレルギー性鼻炎の女性

アレルギー性鼻炎が起こる原因

体に対して悪い物、たとえば病原体やウイルスなどが侵入してくると、それらから体を守るために免疫機能が働きます。
インフルエンザにかかると高熱が出てくるのも、インフルエンザウイルスと体の免疫機能が戦っているためです。
しかし、ごくまれに、体に対して一切悪くない物に対してまで免疫機能が過剰に働いてしまうことがあります。
過剰に働いた免疫機能は炎症などを引き起こし症状となって現れます。
それがアレルギーの正体です。

たとえば特定の食べ物や動物の体毛、ほこり、また植物の花粉などが、このアレルギーを引き起こす原因物質の一例として挙げられます。
これらによってアレルギーが引き起こされると、様々な症状が体には出てきます。
アレルギー性鼻炎も、このアレルギーによって出てくる症状のひとつです。
具体的には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが症状としては挙げられます。
どれも命に直結するような症状ではありませんが、日常生活には支障をきたすとても厄介な症状です。

何故、アレルギー性鼻炎が引き起こされるのでしょうか。
原因物質が体内に入ると、マクロファージと呼ばれる細胞がそれを食べ、『体にとって悪い物が入ってきた』と言う情報をリンパ球に伝えることから始まります。
リンパ球はその情報をもとに、次にその原因物質が入ってきた時に備えて、その原因物質に対抗するための物質、抗体を作り出します。
そしてこの抗体は、粘膜や血液内にある肥満細胞に結合します。
そしてまた、原因物質が入ってくると、抗体のくっついた肥満細胞の表面で、原因物質と抗体ががっちりと結合します。
するとこれが引き金となって、炎症を引き起こす物質が放出されてしまうのです。
その中には知覚神経を刺激してくしゃみや鼻水を引き起こすヒスタミンや、鼻粘膜の血管を刺激して鼻づまりを起こすロイコトリエンなども含まれています。
こうしてアレルギー性鼻炎が起こると言うメカニズムです。
原因物質を少しでも体外に出そうと、体が正常に働いていると言うわけです。
決して何かしらの重篤な疾患というわけではないので安心してください。

アレルギーになりたくない人が注意すること

くしゃみをする女性
アレルギーの症状は子どもから大人まで、実に様々な人に起こりえる症状です。
花粉症やハウスダストによる原因物質によってくしゃみや蕁麻疹などの痒みを伴ってあらわれます。
酷いときには眠れなくなるなど、日常生活に支障を来すことも少なくありません。

アレルギー反応はステロイドホルモンが正常に分泌されていると症状を和らげる効果があります。
しかし、ストレスによる負荷がかかると、ホルモンの分泌量が不足して症状が悪化することになります。
ストレスとアレルギー症状の関連性は不明な点が多いものの、ホルモンバランスが崩れるとアレルギーが発症しやすくなるとされています。
ストレスを取り除くことでアレルギー症状の改善に繋がるとされてます。

睡眠不足による免疫力の低下も同様に、アレルギーを誘発する原因になるとされています。
栄養バランスの良い食事と共に、十分な睡眠を取ることが大切であると言われています。
花粉やダニなどのハウスダストによるアレルゲンは、長い期間で体が触れ続けることにより、免疫系が害のある物質と誤認することがあります。
そのため、室内を定期的に掃除して、アレルゲンとなる物質をなるべく排除し、清潔な環境を保つことが大切となります。
つまり、清潔と健康、および正しい生活習慣でストレスのない生き方こそが、アレルギーから身を守る方法と言えます。

アレルギー性の鼻炎にはザイザルを!

猫
ほこりアレルギーはハウスダストが原因で起こります。
ハウスダストにはダニやノミ、さらには犬や猫の毛などが含まれます。
掃除をした時には、空気中に舞い上がったほこりが原因でよくほこりアレルギーと思われる症状が発現します。
ほこりアレルギーによってアレルギー性鼻炎アレルギー性結膜炎があらわれ、まれにアトピー性皮膚炎やぜんそくといった症状もあらわれることがあります。

アレルギー性鼻炎と言っても原因はほこりだけとは限りません。
花粉によるアレルギー性鼻炎(花粉症の症状)である可能性もあります。
アレルギーの種類や症状に応じた適切な治療を行わなければ効果はあまりありません。
鼻炎症状については、セルフチェックや医療機関にて受診し、はっきりと原因をつかみ治療しましょう。

治療には病院などで医薬品を服用する治療法が勧められることが多いでしょう。
ほこりアレルギーによる鼻炎や結膜炎などの症状には医薬品のザイザルはよく効くと評判です。
ザイザルはヒスタミンH1受容体に強く結合することで、ヒスタミンが作用を及ぼしにくくします。
これによって鼻炎や結膜炎の症状を改善、予防する効果があります。
ザイザルなどの抗ヒスタミン薬は症状が出た後においても、比較的効果が現れやすいのです。
また予防効果も期待できるので、もしほこりアレルギーだと自覚していて、掃除などほこりをかぶるような機会がある場合には前もってザイザルを服用しておきましょう。
症状が起こらない、または起こっても軽い症状で済むという結果が得られます。

ただ眠気、ふらつき、注意力や集中力の低下といった副作用が報告されています。
もしこういった副作用が気になる場合には、車の運転や高所での危険な作業がある時は注意しましょう。
また、実際に副作用が出た場合や他の副作用が出た時には、薬の服用を止め、必ず医師と相談をするようにしてください。